menu

こんにゃくパークで大人も子どもも元気に!体験を通して楽しく学ぼう!

子どもにはたくさんのものを実際に見て触れて学んでほしいと願う親御さんが多いものです。そんななか、「こんにゃくパーク」は大人も子どもも楽しみながら学べるスポットとして、人気を集めています。こんにゃくパークでは、具体的にどのような体験ができるのでしょうか。そこで、この記事ではこんにゃくパークの概要や体験できること、魅力などについて解説します。

1.こんにゃくパークとはどのような施設なの?

こんにゃくパークは群馬県甘楽郡甘楽町にある、こんにゃくのテーマパークです。こんにゃくは古くから日本で食べられている伝統的な食材であり、その魅力や文化について理解を深められる施設になっています。入場料は無料で、株式会社ヨコオデイリーフーズという会社が運営している施設です。食材としてのしらたきやこんにゃく、またおやつとして食べられるこんにゃくゼリーを生産する工場が併設されています。そもそもこんにゃくは群馬県の特産品の1つです。日本で消費されるこんにゃくの約9割は、群馬県で生産されています。こんにゃくパークでは、なぜ群馬でこんにゃくが盛んに生産されているのか、またいつ頃から作られているのかなど、歴史について学ぶことができます。
こんにゃくパークは上信越自動車場富岡インター、上信電鉄上信福島駅いずれからも車で10分程度の距離です。上州富岡駅からは車で15分程度の距離に位置しています。駐車場も完備されているため、車でのお出かけにもぴったりな観光スポットです。また、こんにゃくパークの周辺には世界遺産に登録されている「富岡製糸場」、子どもに大人気の「群馬サファリパーク」などの観光スポットがあります。このような観光スポットとあわせて訪れる人も多くいます。

2.こんにゃくパークおすすめの楽しみ方は?

こんにゃくパークには様々なコーナーがあります。どのような体験ができるのか、概要とおすすめの楽しみ方について見ていきましょう。

2-1.できるまでの過程がわかる「工場見学」

こんにゃくパークの醍醐味ともいえるのが、「工場見学」です。こんにゃくやしらたき、ゼリーなどの製造ラインを見学できます。日本一の生産量を支えているこんにゃくの製造について学ぶことができます。なお、ゼリーの製造ラインは稼働していない時期があるため注意が必要です。9~2月にかけて製造調整があり、稼働してない可能性があります。事前に稼働日を確認してから出かけましょう。基本的に、工場が稼働しているのは平日の月~金曜日です。土日は稼働していないため、気を付けましょう。
工場の通路には、こんにゃくの歴史や雑学について学べるパネルが設置されています。パネルを見て楽しみながらこんにゃくへの理解を深められるでしょう。また、近くに寄らないと確認できない機械の細かな部分をチェックできるよう、製造工程ごとの映像も用意されています。なお、工場は30名未満の場合、予約なしで見学可能です。30名以上の見学は団体扱いとなり、前日までに電話予約が必要です。大人数で出かける予定の場合は、忘れずに予約をしておきましょう。

  • 10_10_1_15093237

2-2.自分で作って食べられる「手作りこんにゃく体験」

こんにゃくパークでは「こんにゃく製品の手作り」を体験できます。自分の手でこんにゃくを作れる貴重な体験の場です。小学1年生以上が対象となり、完全予約制です。出かけた当日にそのまま手作り体験に申し込めるというわけではないため、注意しましょう。前日までに必ず電話予約をしておくことが大切です。体験者1人に対し、同伴者は1人までキッチンに入ることができます。
体験は大きく分けて3つの種類があります。1つ目は「手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コース」です。こんにゃくゼリーにフルーツをトッピングするコースです。料金は中学生以上の場合880円、小学生以上の場合440円で、体験時間は30分程度です。2つ目は「こんにゃくカラーマジック体験コース」です。白こんにゃくにカラフルな色付けを行うコースで、わいわい楽しく体験できます。料金は中学生以上の場合880円、小学生以上の場合440円で、体験時間は30分程度となります。3つ目は「手作りこんにゃく体験コース」です。こんにゃく粉から様々な形のこんにゃくを手作りするコースです。丸や四角など、自分好みのこんにゃくを作れます。料金は中学生以上の場合1,100円、小学生以上の場合550円で、体験時間は60分程度となっています。
3つのコースはそれぞれ内容が異なりますが、いずれもできたてのこんにゃくを味わうことができます。作ったものは持ち帰ることも可能です。また、手作りこんにゃくの体験者は「無料バイキング」の列に並ばなくても入場できる優先特典がプレゼントされます。同伴者も特典を受けられるため、親子で体験とバイキングの両方を楽しみたい人にもぴったりでしょう。

2-3.いろいろな味を楽しめる無料バイキング

お得な「無料バイキング」も、こんにゃくパークの人気コーナーの1つです。こんにゃくが様々な料理となり、バイキング形式でふるまわれています。バイキングの参加費は無料で、全種類を食べられます。こんにゃくが大好きな人にとって、非常に楽しめる内容といえるでしょう。こんにゃくのアレンジ料理は20種類程度あります。定番の味噌田楽や風変わりなラーメンやうどん、ローカロリーのデザートなど幅広いこんにゃく料理が用意されています。それぞれの料理にはカロリー表示があるため、ヘルシーに食べ比べができることも魅力です。
このような充実した内容から、無料バイキングはとても人気があります。休日の昼ごろは長蛇の列ができることも珍しくありません。入場するのであれば、比較的空いていることの多いオープン直後か夕方近くを狙うと良いでしょう。都合がつくようであれば、平日もおすすめです。なお、バイキングに入場するための列に並ぶのは、代表者だけでも問題ありません。家族で出かけて交代で並べば、退屈せずに済むでしょう。交代で施設を見て回れば、時間を有効に活用できます。

2-4.楽しみながらお土産が手に入る「詰め放題」

こんにゃくパークでは「詰め放題」の体験コーナーがあります。お土産コーナーの一角にあり、こんにゃく製品の詰め放題が行われているのです。こんにゃく詰め放題とゼリー詰め放題の2種類があり、毎日開催されています。料金はビニール袋いっぱいに詰め込み、1袋500円です。どれだけ詰め込んでも料金は変わりません。詰め放題にはコツがあり、詰め方によって入る量が変わってきます。親子で協力してたくさん詰め込んだり、いくつ詰め込めるか競争したりするのも楽しいでしょう。詰め込むビニール袋の口は閉じなくても大丈夫です。ただし、袋が破れていたり、中身がこぼれたりするのはルール違反となるため注意しましょう。

2-5.歩き疲れたら足湯でリフレッシュ

こんにゃくパークの隠れた人気スポットが「足湯」です。パークの中央付近に足湯が用意されており、誰でも無料で利用できます。利用時間は10~17時までの間です。コンセプトの異なる4種類の足湯が5つの場所に設置されており、ゆったりと休憩できます。長さが17mもある足湯「エメラルド100人風呂」、大理石風の円形の足湯「アジアンストーン風呂」などがあります。そのほかにも、大理石風の四角い足湯「サンセットリゾート風呂」、ヒノキの香りを楽しめる定番の足湯「日本のヒノキ風呂」、ハワイアンリゾートのような青いタイルの足湯「オーシャンブルー風呂」など、バリエーションが豊富です。
この足湯は名水百選に選ばれている、雄川堰の地下水を利用したものです。汲み上げ後に工場から排出される蒸気を使ってお湯を沸かし、循環器で浄化しています。なお、足湯を利用する際はタオルやハンカチが必要です。濡れた足を拭くため、忘れずに持参しましょう。

2-6.まだまだ他にもある楽しい体験

こんにゃくパークはそのほかにも、楽しい体験ができるスポットがたくさんあります。例えば、「フーズマーケット」も人気のスポットです。地元産の朝どれ野菜や果物、加工食品などを販売しています。新鮮で価格も安いため、多くの人に利用されています。また、子どもにおすすめなのが「撮影スポット」です。こんにゃくパークには顔出し看板が用意されており、写真を撮って楽しめます。顔出し看板がたくさん並んでいる撮影スポットもあるため、小さな子どもも楽しめるでしょう。思い出の一枚を撮影できます。
お出かけしたときの楽しみの一つ、「お土産売り場」も充実しています。こんにゃくラーメンやこんにゃくゼリーといった定番のものから、面白いものまで幅広い商品が並んでいる人気のコーナーです。例えば、こんにゃくハンバーグ・こんにゃくアイス・こんにゃくカステラなど、見ているだけでも楽しい商品がたくさんあります。自宅用はもちろん、友人や職場の人へのお土産としても喜ばれるでしょう。

3.世界遺産・富岡製糸場とセットで行きたい!

こんにゃくパークは世界遺産の「富岡製糸場」とセットで行くことがおすすめです。こんにゃくパークと富岡製糸場は距離が近く、車であれば15分程度で移動できます。そのため、2つのスポットをセットで巡る人も多いのです。こんにゃくパークではお得な特典が付いている富岡製糸場見学券を入手できるため、興味のある人はチェックすると良いでしょう。特典内容は大きく分けて2つあります。1つ目は無料バイキングを列に並ばずに利用できる「バイキングファストパス」、2つ目はこんにゃくパーク限定の「生芋こんにゃく」がもらえるという内容です。セットでお出かけ予定の場合は、見学券を入手するとよりお得に旅を楽しめます。
また、こんにゃくパークは紙の「Go Toキャンペーン地域共通クーポン」を使えるため、お土産の購入場所としても便利です。ただ、2つセットで観光すると費用面の負担が大きいと悩む人もいるかもしれません。しかし、こんにゃくパークは基本的に無料で利用できる施設なので、費用面の心配もいりません。より充実した観光を希望する場合は、手作りこんにゃく体験をプラスすると良いでしょう。貴重な体験をすることで、リーズナブルながらも満足感のある旅になります。

  • 10_10_3_41435647_2

夏休みの自由研究にもおすすめ

子どもも大人も楽しめるこんにゃくパークは様々なことを学べるだけではなく、無料で利用できることが大きな魅力です。子育て中の家族のお財布にも優しいお出かけ先といえるでしょう。また、工場見学をしたり体験イベントに参加したりするなど、夏休みの自由研究のネタ探しにもおすすめです。楽しいこんにゃくパークに家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

群馬県内20教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内20の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 映像授業実施教室

  • 幼児教育実施教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

伊勢崎市

みやまえ教室
あずま教室
連取教室
赤堀教室
伊勢崎北教室
ひろせ教室

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

玉村町

玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。
採用お問い合わせ

TOP

TOP