menu

小学生も英語が必修に!低学年から英語を始めるメリットとは?

2020年から小学校3年生からの英語が必修になり、低学年からの英語教育に関心を寄せている人も多いのではないでしょうか。すでに高学年の英語学習は必修となっていますが、低学年から英語学習に慣れ親しむことで苦手意識をなくし、英語に親しむことができます。そこで今回は、低学年から英語を始めるメリットと、効果的な学習方法について紹介します。

小学生低学年から英語を始めるメリット

英語を早く始めるのはさまざまなメリットがあります。そのひとつが、間違いを恐れないことです。英語は語学なので、使えば使うほど身につきます。しかし、日本において、学生が英語を使う機会はそれほど多くありません。中学生になっていきなり英語を習い始めた世代が、英語の知識はあっても生きた英語を使うことができないといわれた理由のひとつは、羞恥心によって英語を話すことに躊躇することが多かったからです。思春期のデリケートな子どもたちは、知らない言葉だから間違えたら恥ずかしい、英語の発音を本気でするのが恥ずかしいなど、いろいろな理由で羞恥心を持ってしまいます。

その点小学校低学年の子どもたちは、間違いを恐れずに新しいことにどんどんチャレンジしていく意欲があります。失敗することを恥ずかしいとは思わず、新しい知識を夢中になって習得しようとするからです。英語への抵抗感をなくすことで、中学校、高校へと進学後も英語への苦手意識を持ちにくくなります。また、英語を聞く能力も、幼い子どものほうが優れているといわれています。幼いころからネイティブの発音に慣れることでより生きた英語を使えるようになる可能性があるのです。

小学生低学年から英語を始める際の懸念点とは

逆に小学校低学年から英語を始めることに対する心配としては、覚えるのが早い分、忘れるのも早いことです。せっかく英語を始めても、続けないとすぐに忘れてしまいます。例えば保育園で英語の歌を習い、英語できらきら星を歌っていた子どもが、半年何もせずにいたらすっかり忘れてしまった、ということはよくあることではないでしょうか。記憶を定着させるためには、繰り返しインプットとアウトプットを行うことが大切です。大切なのは英語の勉強を継続することで、一度覚えたら一生使えるわけではないということを覚えておきましょう。

また、小さいころに外国語の勉強をしてしまうと、母国語である国語がおろそかになってしまうのではないかという懸念を持つ人もいます。確かに母国語をしっかり理解していない子どもに外国語を教えると、どちらも中途半端になってしまう恐れがあります。特に英語教育に熱心なあまり、日本にいながら塾や学校はもちろん家の中での会話もすべて英語、というような環境で育つ子供は、母国語の習得に影響を与えてしまうかもしれません。こうした2つの言語がどちらも中途半端になってしまう状態を「セミリンガル」と呼んでいます。ただ、極端な環境ではなく、ある程度母国語が定着した小学校低学年で、数ある教科の中のひとつとして学ぶのであれば、それほど心配することはないでしょう。実際に英語教育が始まったとしても、学校教育における国語教育の占める割合のほうがはるかに多いからです。

また、いくら親が英語を学ばせようとしても、子どもに意欲がなければ続けることができません。子どもが興味を持ち、英語を学ぶことが楽しいと思うようになるためには、英語を話したいという意欲、英語を話せる環境、英語を学ぶ方法の3つが大切です。まずはこの3つをきちんと整える環境づくりから始めましょう。

小学生低学年での英語の学習方法

小学校低学年での英語学習は、とにかく子どもを退屈させないことが大切です。そのためには、親が無理やりやらせるのではなく、子どもがみずからやりたいというような教材選びや塾選びが重要になります。ゲーム感覚で楽しめる子ども向けアプリや、ネイティブの発音を直接聞くことができる塾など、それぞれの特色を生かした学習方法をチェックして選ぶようにしましょう。例えば家では英語のアプリを使って学習し、塾では先生や他の生徒と実際に英語で会話をすることでインプットとアウトプットを同時に行うこともできます。毎日少しずつでも続けていくことが大切です。

日常生活でも、無理のない範囲で英語を取り入れることができます。大好きな外国のアニメ映画を字幕でみたり、子ども向けの英語の歌を一緒に歌ったりすることで、英語を耳から覚える方法です。6カ月の赤ちゃんはすでに外国語の音を学習する能力があるといわれており、英語を聞き分ける能力は小さい子どものほうが優れています。しかし、日本では英語に触れる時間が圧倒的に短いため、そのままでは鍛えることができません。積極的に英語を聞くことのできる環境を作ってあげることで、英語耳を鍛えることが大切です。

小学生低学年の英語学習で注意したい点

英語を学ぶうえで注意してほしいのが、無理強いをしないという点です。子どもにやる気がないのに、「近所の子どもが学んでいるから」「小さいうちから英語を習わせたいから」という理由で塾や教室に通うのはあまり意味がありません。子どもは強制されたことにはマイナスのイメージを持ちやすく、英語を嫌いになってしまう恐れがあるからです。習い事はあくまで子どものためであって、子どもにとって負担を与えないことが大切です。

子どもの英語教育で大切なのは、楽しく自然と英語を習得できる環境作りです。お互いに英単語でクイズを出してみる、発音を真似してみるなど、親も一緒になって英語を楽しむ姿勢を持ちましょう。

子どもの能力を上手に伸ばそう!

子どもの英語教育は小さなうちから始めたほうが良いというのは本当ですが、大切なのは子ども本人が英語を学びたいと思えるような環境をきちんと整えてあげることです。特に低年齢の域である低学年の小学生に英語を教えるときは、子どもの能力を伸ばす学習方法を選ぶことがポイントといえるでしょう。親子で英語に親しみ、楽しむことができるようになれば、英語に対するハードルは低くなります。まずは英語を話す能力と聞く能力を鍛えて、英語に慣れることから始めましょう。

  • 3_3_2_37212052

参考元URL

2段落:【バイリンガル幼児園】幼児英語教育はやるべきか?6つのメリットと4つのデメリット
https://cgk.ac/blog/entry/english-learning-for-kids/

群馬県内21教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内21の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 映像授業実施教室

  • 幼児教育実施教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

伊勢崎市

みやまえ教室
あずま教室
連取教室
赤堀教室
伊勢崎北教室
ひろせ教室

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

高崎市

高崎東口教室
高崎飯塚教室

玉村町

玉村教室
玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。
採用お問い合わせ

TOP

TOP