高崎市の高等学校3選「高工」「高高」「商大附」 | ベスト個別指導学習会,群馬,個別指導,学習塾,受験対策,成績アップ,無料体験,求人,転職,塾講師

高崎市の高等学校3選「高工」「高高」「商大附」

school180113-1


工業技術のスペシャリストを育てる・高崎工業高等学校

 群馬県立高崎工業高等学校は、昭和14年開校の公立工業高校です。校訓として「質実剛健」「友愛創造」という2つの言葉を掲げ、工業の知識や技術を身に付けるだけでなく、産業の発展に貢献できる実践力を持った、人間性豊かな技術者の育成を目指しています。全日制課程と定時制課程があり、「機械科」「建築科」「電気科」「土木科」「情報技術科」「工業化学科」の6つの科に分かれています。
 全日制は機械科のみ2クラス編成で残りは1クラスずつの1学年7クラスです。在学中に将来仕事に活かせる資格の取得を目指した指導が行われています。高卒者の就職が厳しい中でも、高崎工業高等学校は多くの企業からの求人があり、大手企業や有名企業への就職の実績もあります。一方、進学希望者も全体の約3割いるため、進学に必要な英語や数学などを選択して履修できるプログラムも用意されています。高校入学後に自分の進路をはっきりさせ、就職のために資格取得に励むか、進学のための勉強に励むかといった選択が可能な点も高崎工業高校の特徴です。
 定時制はこれまで 機械・電気科と建設科の2つの学科全4コースで構成されていましたが、平成29年度からは「工業技術科」に1本化され、「テクニカル工学コース」と「都市デザインコース」の2コースのいずれかを選ぶ形になりました。
 全日制、定時制いずれも群馬県下最大の施設や設備を有しており、先端技術を身に付けられる環境が整っています。また、高等学校では全国的にも珍しい給食が提供されており、作りたての温かい食事も、高崎工業高等学校の魅力のひとつです。
 通学は高崎駅東口から自転車で約15分、高崎問屋町駅から自転車で約5分です。また、学校から徒歩4分のところに群馬中央バスや上信バスの芝塚町バス停があり、バスでの通学も可能です(※1)。


県下屈指の進学校・高崎高等校

 群馬県立高崎高等学校は、明治30年創立の長い歴史を持つ普通科の男子校です。碓氷川の南側に位置し、近くには高崎市山田かまち美術館や群馬県護国神社のある静かな環境にあります。
 群馬県内屈指の進学校で、これまで全国の国立大学や難関私立大学へ多くの卒業生を輩出し、その中には元総理大臣の福田赳夫、中曽根康弘も名前を連ねています。
 次世代のリーダーを育成する目的で行われている「翠巒プロジェクト」は、高崎高等学校ならではの大事な取り組みのひとつです。根底に授業第一主義を置き、その上に「高いレベルの文武両道」「主体的な学校行事」「21世紀型学力を育成するSSH(スーパーサイエンスハイスクール)活動・HS(ヒューマンサイエンス)活動。」の3つを柱として掲げているプロジェクトがあり、これらを実施することで志を高く持った人間性豊かな人材の育成を目的にしています。
 SSH活動とは、平成28年度から文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールに指定され、取り入れられた活動で、キャリア教育、探究活動、サイエンス活動の3つからなるCSS活動によって進められています。一方、HS活動とは、社会科学や人文科学の分野の研究活動で、将来国際社会を担う人間性豊かな人材を育むために行われる活動です。理系のスペシャルサイエンス活動と文系のヒューマンサイエンス活動は、分野別の講座を開講するクラスを2年次から編成し講義や実習を行います。
 ほかにも、企業や研究所への訪問や社会人講師を招いて行う授業など、社会に出てから役立つ実践的な能力を身に付ける機会が多数用意されています。これらの活動では、ただ教えられるものを学ぶ受け身の学習で終わることがないように、2年次にCSS論文を執筆し発表する形を採っています。また学校行事も基本的に生徒が主体的に行っており、あらゆることに自主性を発揮することが求められます(※2)。


2学科7コースで将来の選択肢が多い・高崎商科大学附属高等学校

 高崎商科大学附属高等学校は、昭和39年創立の市立佐藤縫製女学校を前身とする私立学校です。高崎商科大学は幼稚園から大学までを擁する総合学園で、昭和63年4月に高崎商科大学が開学したときに、高校が高崎商科大学附属高等学校と改称されることになりました。創立者の佐藤夕子氏が唱えた「自主自立」を建学の精神とし、「親愛」「礼節」「整美」の3つを校訓としています。高崎商科大学附属高等学校はかつて女子校でしたが、平成14年より男女共学となり、現在は約4割を男子生徒が占めています。
 高崎商科大学附属高等学校では、教育によって「人間力」「知力」「国際力」「情報力」の4つを高めることを目標とし、それぞれを実現させるためのプログラムを充実させています。「普通科」と「総合ビジネス科」の2つの学科があり、普通科に関しては1年次に「特別進学選抜コース」「特別進学コース」「特別進学国際コース」「進学コース」の4コースに分かれます。さらに2年進級時に、文系のみの特別進学国際コース以外は文系と理系に分かれ、全部で7コースとなります。なお、1年次に特別進学コースで学習していた人の一部は、目指す大学によって2年次から特別進学国際コースへ編入する場合もあります。
 一方、総合ビジネス科は、1年次に「会計コース」と「総合ビジネスコース」の2コース、2年次に総合ビジネスコースのみ「経理ビジネスコース」と「情報メディアコース」の2コースに分かれます。このように高崎商科大学附属高等学校では複数の科とコースが用意されているため、希望する進路に合わせたコース選択が可能です。
 通学は北高崎駅から徒歩約3分、高崎問屋町駅から自転車で10分ほどです。バスを利用する場合は、関越バス、群馬バス、群馬中央バスが通っており、北高崎駅前バス停から学校までは徒歩約3分です。(※3)。

school180113-2

<参考URL>

※1.【群馬県立高崎工業高等学校】トップページ
http://www.takako-hs.gsn.ed.jp/
※2.【群馬県立高崎高等学校】トップページ
http://www.takasaki-hs.gsn.ed.jp/
※3.【高崎商科大学附属高等学校】トップページ
http://www.tuc-hs.ed.jp/hs/index.htm

いつでも体験できます!無料体験講座はこちらから