menu

子どもが勉強しないのはなぜ?理由と対処法を紹介

保護者の多くが、「子どもが勉強をしない」という悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか?

 

子どもが勉強しないことで、将来の収入や進学に影響を与えてしまうのではないかと不安になりますよね。

 

しかし、そんな悩みや心配も適切な対処法をとることで解決できます。

 

今回は子どもが勉強しない理由とその対処法についてまとめました。

 

この記事の方法を実践することで、あなたの子どもを前向きに勉強させることができるようになるでしょう。

1.子どもが勉強をしない理由

  • 宿題をやらない小学生

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもが勉強をしない理由にはどういったものがあるのでしょうか?

 

実はその理由には複数あり、自分の子どもはどういった理由にあてはまっているのかを把握する必要があります。

 

それでは、子どもが勉強しない理由について解説していきます。

1-1.勉強する意味がわからない

子どもが勉強をしない理由の一つに「勉強する意味がわからない」というものがあります。

 

子どもは勉強をすることの目的や意味がわからないと、勉強をやっても無駄だと思い込んでしまいます。

 

勉強をする意味がわからないという理由は子ども一人で解決できる問題ではなく、周りの大人が勉強に対する意味付けをしていかないといけません。

 

そうでないと、「子どもが勉強をしない」ということに拍車がかかってしまうかもしれません。

 

また、勉強する意味がわからないということは、目標意識も持てていないことに繋がります。

 

目標がないまま勉強をしても、やる気には結びつきません。

勉強の効果も薄れていくでしょう。

 

勉強しない子どもが勉強するようになるためには、勉強の意味付けと明確な目標設定が必要なのです。

1-2.勉強に苦手意識がある

勉強が苦手であることも、子どもが勉強をしない理由になってきます。

 

子どもに限らず、苦手なことを進んでやろうという人は少ないですよね。

 

学校の授業についていくことができずに、わからないことが次第に増えていくと、頑張って理解しようという意欲も低下していきます。

 

勉強の内容は小学校低学年から高学年、中学校1年生から3年生へと学年が上がるにつれ、難しくなっていきます。

 

そのため、勉強の最初の方でつまずくと、苦手意識を払拭しづらくなります。

 

その勉強に対する苦手意識や意欲の低下が、勉強しないということに直結しているのです。

1-3.勉強のやり方がわからない

勉強する意欲はあっても、やり方がわからなければ、なかなか勉強しようという姿勢にはなりません。

 

学校では先生が授業をしてくれるので、いざ自分で勉強をするとなっても具体的に何をどうすればいいのかわからない子どもは多いのです。

 

その結果、勉強をしないということに繋がってしまいます。

 

また、勉強のやり方がわからない子どもが何となく勉強を続けても良い結果は得られません。

 

テストで良い結果を得られなかった子どもは、より勉強をしなくなってしまいます。

1-4.「勉強しなさい」といわれるからやりたくない

保護者から「勉強しなさい」と叱りつけることは逆効果になってしまう可能性が高いです。

 

もしかしたら、今から勉強をしようとしていたかもしれません。

 

その時に「勉強しなさい」と言われると、逆にモチベーションが下がってしまいます。

また、負の感情で強く言われると、却って子どもの反発心を起こしかねないので、「勉強しなさい」としつこく言うことには注意をしましょう。

2.勉強をしないでいるとどうなる?

  • 2403804_m

なぜ、保護者は子どもが勉強をしないことに不安感や懸念を抱いてしまうのでしょうか?

 

やはり、子どもの将来が心配になるからでしょう。

 

では、勉強をしないと子どもの将来はどうなるのか考えてみたいと思います。

 

最も思い浮かびやすいのは「学歴」でしょう。

 

勉強しないことで、大学進学はおろか高校進学さえも危うくなってしまう可能性があります。

 

仮に進学できたとしても、自分の希望する進学先には進めないかもしれません。

 

高校や大学に進学できない、希望する進学先に行けないことは、将来の職業及び収入に影響を与えます。

 

自分の子どもがやりたい仕事ができず、収入面にも苦労するようなことがあると、親心としても心苦しい限りですよね。

 

また、勉強をしないことで学力が下がり、自己肯定感が下がってしまうことも懸念しなければなりません。

 

自己肯定感が下がることは、勉強だけでなく、スポーツや仕事など、様々なことに自信を持てなくなります。

 

親は自分の子どもには前向きに自信を持って生きていって欲しいと思っているはずです。

このように、勉強をしないことのデメリットは大きく、決して放っておくことができない問題なのです。

3.勉強しない子どもへの対処法

  • 3458748_m

これまで、子どもが勉強しない理由や勉強しないことの危険性について解説してきました。

 

では、勉強しない子どもに勉強させるためにはどういった方法をとればいいでしょうか?

 

ここからは、子どもが勉強するようになる具体的な対処法を紹介していきます。

3-1.勉強のやり方を教える

子どもが勉強をしない理由の一つに「勉強のやり方がわからない」という理由を紹介しました。

その課題を解決するために、勉強のやり方を教えましょう。

 

特に小さな子どもの場合は、学校で先生の授業を聞くという勉強以外を知らない可能性があるので、参考書や問題集を買い与えることをおすすめします。

 

もちろん、ただ参考書を渡すだけではいけません。

 

参考書には問題だけでなく、問題を解くためのヒントや公式のようなものが必ず書かれています。

問題を解くための手がかりをつかんでから問題を解くというように、参考書を使う手順を教えてあげましょう。

 

小学校高学年の子や中学生以上となると、ある程度自立してきているので、より効果的な勉強のやり方を教えてあげるといいでしょう。

 

例えば、英単語を暗記する時に音読を勧めてみたり、復習させたりすることで、子ども自身で勉強法を確立することができるようになります。

勉強のやり方がわかった子どもであれば、 「勉強って何をしたらいいかわからない」ということがなくなり、少しずつ自ら勉強するように変わっていくはずです。

3-2.勉強する時間を決める

子どもに勉強させる時、勉強する時間を決めることは重要なことです。

 

ゴールがわからないまま勉強させると、モチベーションを落としかねないですし、どこかで疲れてしまうかもしれません。

 

そのため、子どもに勉強させる時は何時から何時までと明確に勉強時間を決めてあげましょう。

 

そうすると終了時間までは頑張るという意欲に繋がるはずです。

 

なお、どれくらい勉強の時間を設ければいいかというと、あまり長過ぎない方がいいでしょう。

 

人間の集中力には限界があり、あまりに長時間勉強させ続けると却って良くない効果をもたらす可能性があります。

 

25分や30分など、短い時間で区切っては小休憩を取り、また25分〜30分勉強再開するという方法が集中力を維持しやすいとも言われています。

 

お子さんにあった方法を模索してみてください。

3-3.達成できたら褒める

子どもの行いを承認することは非常に大切なことです。

 

そのため、子どもが決まった勉強時間を達成したり、ページ数の目標を達成したりと何かしらを達成することができたら褒めてあげましょう。

 

褒めることで子どもは勉強に対するモチベーションが上がり、次も褒めてもらおうと思って頑張るかもしれません。

 

褒める時の工夫点として、勉強の過程や頑張りに注目して褒めてあげると効果的な褒め方になります。

 

「頑張ったね」という単調な褒め方ではなく、「1時間も集中できたね」や「よくこの問題解けたね」などと、具体的な言葉で勉強の過程や頑張りを褒めてあげてください。

 

そうすることで、子どもは努力することの大切さを実感し、様々な困難にも果敢に挑戦できるようになるでしょう。

3-4.親も一緒に勉強する

子どもと一緒に親も勉強するという方法も効果的な方法です。

 

メリットとして、親が一緒に勉強してくれることを肯定的に捉えて前向きに勉強してくれるかもしれません。

 

また、子どもの勉強を身近な場所でサポートできますし、勉強の大変さを親自身も実感して共感してあげることができるようになります。

 

そうすると、テストの成績が悪かった時、感情的に怒ってしまうことも少なくなるのではないでしょうか。

 

なお、親に日頃から勉強する習慣があると、子どもはその親の姿勢を真似て自立的に勉強するようになる可能性が高まります。

 

子どものためだけでなく、親自身のためにも子どもと一緒に勉強するという方法はおすすめです。

3-5.過度な干渉は控える

子どもが勉強するようになるために、注意点として過度な干渉は控えた方がいいです。

 

子どもが勉強する時にやり方に口出しをすると、子どもの自立心を損ねてしまう可能性があります。

 

自立心がない子どもは自分から勉強しようという姿勢にならず、結果的に子どもが勉強をしない理由に繋がりかねません。

 

子どものことを想うあまり、口を出したくなる気持ちもわかりますが、そこは堪えて子どもの勉強を見守りましょう。

 

もちろん、適度な干渉は問題ないので、合間合間に勉強を頑張っているかどうかみてあげるといいでしょう。

3-6.学習塾を活用する

子どもに勉強させる方法として、最も即効性が高い方法が学習塾を活用することです。

 

これまでに紹介した対処法を実践しても、うまく子どもに勉強をさせられない時に活用することをおすすめします。

 

また、実際にはこれまでに紹介した方法を保護者が行うのは難しいこともあり、その点においても学習塾の活用はおすすめです。

 

学習塾であれば勉強法に精通したプロの講師が指導してくれますし、決まった時間に勉強することが可能です。

 

自宅で勉強をさせると、テレビやスマートフォン、漫画など様々な阻害要因があって、集中させるのが難しいですが、学習塾であれば勉強を阻害するものはありません。

 

友達が塾に通っていれば、それだけで塾に通うことが楽しくなり、勉強を進んで行うようになるかもしれません。

 

また、自宅で一人で勉強する以上に、上手に教えてもらえるので、学習習慣が身につくだけでなく、テストでの点数アップを期待できることも嬉しい要素ですね。

4.まとめ

  • 勉強をする小学生

子どもが勉強をしない理由とその対処法について紹介してきました。

 

子どもを勉強をさせる方法としては、その理由を把握し、適切な対処法にて勉強させていくことが望ましいです。

 

今回紹介した方法で子どもが勉強するようになった後、次に期待したいのは学校での成績アップです。

 

子どもが勉強をしない、勉強はしているけど成績が伸びないとお悩みの方は、ぜひベスト個別指導学習会の個別指導を体験してみてください。

 

「学ぶ楽しさに気付かせ、自ら伸びていける人間を育てる」という理念のもとに作り出したベスト式個別指導法で、お子さんの勉強をサポートします。

無料体験授業・個別説明会お申し込みはこちら

群馬県内20教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内20の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 数検会場教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

玉村町

玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。
採用お問い合わせ

TOP

TOP