menu

苦手な漢字テストにはどう対策すればよい?勉強方法を紹介

「漢字が苦手でなかなか覚えられない」という人は意外と多くいます。しかし、苦手だからといって早々にあきらめてしまうのは問題です。なぜなら、漢字は国語の学習だけでなく、社会や理科など、さまざまな教科で必要となるからです。もちろん、社会に出るための一般教養としても必要です。では、効率よく覚えるためにはどんな学習方法をしたら良いのでしょうか。そこで、今回は漢字の勉強が大切な理由と、効果的な勉強方法について紹介します。

漢字は国語の基礎!必ず勉強が必要

小学生はもちろん、中学生や高校生にとっても漢字の学習は重要です。その理由のひとつが、定期テストや入試での漢字の配点が大きいことです。漢字は、国語のテストの中で毎回20点前後の配点があるため、漢字が全くできないとかなりの失点につながります。また、漢字検定で上位の級を取得していると、高校入試で得点が加点されたり、内申点がアップしたりする高校や大学も増えていることもポイントです。テストや受験で今後ますます漢字を使いこなせる能力が必要となるでしょう。
漢字は、国語の勉強として覚えるだけでなく、数学、理科、社会など、あらゆる学習に必要な基礎学力のひとつです。漢字を理解するということは文章を理解することにもつながります。漢字がわからないと文章や説明を読んでも意味を正しく理解できずに、問題を解くことができません。日本語を理解するうえで漢字は欠かせないものであり、日本で生きていく以上、一生必要となるスキルなのです。
もちろん、社会に出てからは一般教養として漢字の知識が必要になります。ニュースの字幕や新聞、雑誌、文章にはどれも漢字が使われていますね。漢字は私たちの生活の中に当たり前のように存在します。勉強しなければ身につかないものですが、一度覚えてしまえば使う機会も多くあり、定着もしやすい環境が整っています。覚えておいて決して損になることはないのです。

漢字を覚えるためのコツを紹介!

漢字を覚えるコツは、意味を考えながら学習することです。普段から漢字の意味を考えて学習しておくことで、文章の中で漢字がどのように使われているのか理解できるようになり、文脈に合わせた漢字が無理なく覚えられるようになります。そのためにも、まずは、漢字を読めるようになりましょう。漢字の意味を理解しながら読めるようになれば、同音異義語や同訓漢字に強くなり、文章の理解度も深まります。
また、漢字の意味を覚えるためには、訓読みを覚えることや似た漢字を合わせて覚えることなどが有効です。訓読みはもともと意味をあらわす読み方のため、訓読みが読めるようになれば、その漢字の持つ意味が理解できます。また、字の形が似ている漢字は、間違いやすい漢字でもあるため、それぞれの意味の違いに注目して覚えておくことで、混同を防ぎ、ケアレスミスを減らすことができます。漢字を覚えたら、次はその漢字を使った熟語を覚えましょう。熟語を覚えることで漢字の理解度が深まり、知識として定着しやすくなります。テストに出やすい四文字熟語やことわざなども合わせて覚えておきましょう。
漢字を使いこなすには、日常的に漢字が目に触れる機会を多く作ることが大切です。そのためにも、日頃から本や新聞を読む機会を多く持つようにしましょう。本を読んでいるうちに自然と漢字の読み方を覚え、意味や使い方もマスターできます。意味や使い方をマスターしておけば、あとは正しい形を覚えていくだけです。もちろん、形を覚えていくことは簡単ではありませんが、訓読み、熟語、四文字熟語など、アプローチの方法を多く持つことで、記憶に定着しやすくなります。

漢字学習にはどんな参考書がおすすめ?

漢字を書くときの基本は、「手本を見ながら丁寧に書く」「何も見ないで書いてみる」「テストしてみる」の3ステップです。まずは、手本を見ながら筆順、とめ、はらいなどにも気をつけて丁寧に書いてみましょう。覚えるまで何度も書いて練習するという人もいるかもしれませんが、何回も書くと書くことに集中して単なる作業になってしまう恐れもあります。知識として定着させるためには、丁寧に数回書いたほうが効果的です。漢字を効率よく勉強するためには、参考書選びも大切です。あれこれ手をつけるよりも、1冊の参考書に時間をかけてじっくり取り組みましょう。
中学生におすすめの参考書は、『高校入試頻度順漢字語句3000(中学教育研究会)』や『高校入試でる順漢字問題の征服(旺文社)』です。高校入試に必要な漢字が頻度順に並んでおり、無理なく覚えることができます。高校生におすすめの参考書は、『入試漢字マスター1800+(河合塾シリーズ)』や『銀の漢字必須編大学入試(水王舎)』などです。大学入試に頻出の漢字を基礎から学ぶことができます。また、例文や意味などが載っており、用法まで合わせて覚えることができるのもポイントです。参考書を選ぶときは、書き取り問題だけでなく、対義語、類義語、同音異義語、四文字熟語の覚え方なども充実しているものを選ぶようにしましょう。

定着には反復して学ぶことが大事!

国語の基礎となる漢字の定着には、繰り返しの学習が大切です。そのためには、毎日少しずつでも漢字に触れる機会を持ち、漢字の意味を知って使いこなす能力を磨きましょう。知らない漢字が出たら「辞書で意味を調べてみる」「熟語を調べてみる」という癖をつけるようにしておけば、自然と漢字の知識が深まります。また、知っている漢字と書ける漢字はまた違います。なんとなく形を覚えていても意外と書けないものです。漢字を覚えるときは必ず一度書いてみることが大切です。漢字を覚えるコツをいかして、しっかり学習していきましょう。

  • 4_4_2_33698445

参考元URL

3段落:【進研ゼミ高校講座】高校生の苦手解決Q&A現代文漢字の勉強方法https://kou.benesse.co.jp/nigate/japanese/a13j0501.html

群馬県内21教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内21の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 映像授業実施教室

  • 幼児教育実施教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

伊勢崎市

みやまえ教室
あずま教室
連取教室
赤堀教室
伊勢崎北教室
ひろせ教室

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

玉村町

玉村教室
玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。


TOP

TOP