menu

中学受験に英語が必要な場合はどうしたらいいの?対策方法を解説

中学受験において、英語の重要性がますます高まっています。しかし、英語は他の受験科目とは異なる特徴があるため、受験対策でも気をつけるべき点があります。学校によって英語の難易度や出題内容が異なるため、まずは志望校の入試情報を把握したうえで受験対策を考えることが大切です。どのように英語対策を進めればよいのか、ポイントを解説します。

中学受験に英語の科目はあるの?

これまで中学校受験では、国語・算数・理科・社会の4科目が主流でした。しかし、学校の方針としてグローバル人材の育成を掲げる中学校が増えており、受験科目に英語を追加する学校が増加してきました。受験方法は、英語科目を必須にしているところや国語・算数・英語から2科目選ぶような選択科目制にしているところなど、中学校によってさまざまです。各教科で点数の重みに差をつける、傾斜配点を実施しているケースもあります。もし志望校の受験科目に英語があれば、必須なのか選択できるのか、事前に情報を確認しておきましょう。
また、中学校によっては英検を持っていると英語科目が免除される場合もあります。英検は出願条件として必須にされていたり、点数加算や奨学生の対象となるなど、学校によって多様に活用されている注目の資格です。ただし、英検が有利になるのは一般的に3級以上、学校によっては準2級以上を求められることもあります。こちらも事前に志望校の条件をチェックしておくことがおすすめです。
中学校によっては、帰国子女程度の英語力を求める超難関もあります。各学校が受験生に求める英語力を理解したうえで、合格可能性をよく検討しながら志望校を選ぶことが大切です。

どんな対策をすればいいの?

英語の試験問題のタイプは学校によって多様です。たとえば、単語などの基本的な問題のみ出題する学校もあれば、英作文やリスニング、英会話などを課す学校もあります。基本的には難関校であるほど英語試験の難易度が上がるため、入念な試験対策が求められるでしょう。小学校でも英語教育が推進されつつありますが、志望校によっては小学校の学習のみでは十分でないケースがあります。そのため、学校外での学習が成功のカギとなります。
学校外での学習方法で最も手軽なのは、家庭でテキストやラジオなど各種教材を使った自己学習です。しかし、英語に慣れないうちは自己学習をしてもなかなか身につかない可能性があります。そのため、まずは英会話教室などで英語に親しみ、話せる英語を習得することがおすすめです。英語の文法やリズムを体で掴み、自然な会話のなかで英語を理解することで学習の効率がアップするでしょう。
難関校の受験では試験の難易度がより上がるため、単語の暗記や参考書の問題を解くことも必要になります。さらに、学校によっては面接対策も求められます。志望校の難易度や試験内容に応じて、対策の内容やスケジュールを組み立てていきましょう。

英語とほかの科目との両立はできる?

中学受験では各科目ともそれなりの難易度があります。小学校の予習復習だけでは十分とはいえず、参考書などを使って応用問題にも取り組むことが重要です。国語や算数など4科目の受験勉強だけでも多くの勉強量が必要になるため、それと並行させて英語を勉強するのは基本的に難しいといえます。とくに、一から英語を始める場合は帰国子女などと比べてハンデがある状態です。
あまり英語科目が重要でなければ他の教科に集中することが戦略上効率的であるため、まずは志望校の入試情報を正確に把握することが欠かせません。受験の資格や入試の必須科目、傾斜配点の有無、英語の試験内容を確認し、他の教科と合わせて勉強のスケジュールを練っていきましょう。中学受験で合格するためのポイントは、受験に必要な科目で合格に必要な点数を取ることです。志望校の入試で英語の比重がさほど大きくなければ、思い切って優先度を下げ、より重要度の高い教科を優先するのも戦略といえます。また、英会話教室などに通う場合も、他の教科の負担にならないように気を配りましょう。
小学校の低学年や中学年から中学受験を見据えている場合は、他の教科の受験勉強を始める前に、一足先に英語学習を始めるのも手です。受験勉強を焦る時期ではないため、英語に親しむための教室などで着実にスキルを上げていくとよいでしょう。

他の教科とのバランスを考えて勉強しよう!

中学受験でますます導入されつつある英語科目。従来の4科目と異なり、学校によって難易度や出題内容は多様なため、志望校に応じた個別の準備が必要となります。場合によってはリスニング対策や面接対策など、特別な準備が求められることもあるため、早め早めに志望校の情報を調べるようにしましょう。また、受験では他の教科の点数も含めて合否判定されるため、英語学習だけに偏るのは危険です。合格の秘訣は、各教科の得意不得意を理解したうえで、着実に合格点を取れるようバランスを考慮し勉強することです。志望校の入試内容をふまえて長期的な学習計画を立て、他の教科との両立を重視しながら英語の知識を身につけていきましょう。

  • knowhow180830-2

<参考URL>

1段落:【公益財団法人英語検定協会】中学校の優遇校を探す
https://search.eiken.or.jp/qualification/result_junior-high-school.html

群馬県内21教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内21の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 映像授業実施教室

  • 幼児教育実施教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

伊勢崎市

みやまえ教室
あずま教室
連取教室
赤堀教室
伊勢崎北教室
ひろせ教室

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

玉村町

玉村教室
玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。


TOP

TOP