menu

小学生の英語教育はどうなる?小学生の英語の勉強方法

小学校では、2018年度から「外国語活動」として3、4年生の英語が必修となっています。中学年の外国語活動では、主に英語を「聞く」「話す」ことが中心で、英語に親しんだり英語を楽しんだりすることでコミュニケーション能力の素地を養うことを目的にしています。さらに2020年からは小学校5年生から英語が教科化され、国語や算数のように成績のつく教科として授業に組み込まれることになります。これにより、今まで中学校で初めて習っていたような英語の学習内容も、一部小学校で学んでいくことになります。授業内容も、聞く、話すことに加えて読む、書くという内容が加わり、より本格的な英語学習が行われるようになるのです。文部科学省では小学生からの英語教育に力を入れており、それに伴い小学生からの英語塾や英語学習への参加も活発になりそうです。

小学生の英語教育の今後

小学校では、2018年度から「外国語活動」として3、4年生の英語が必修となっています。中学年の外国語活動では、主に英語を「聞く」「話す」ことが中心で、英語に親しんだり英語を楽しんだりすることでコミュニケーション能力の素地を養うことを目的にしています。さらに2020年からは小学校5年生から英語が教科化され、国語や算数のように成績のつく教科として授業に組み込まれることになります。これにより、今まで中学校で初めて習っていたような英語の学習内容も、一部小学校で学んでいくことになります。授業内容も、聞く、話すことに加えて読む、書くという内容が加わり、より本格的な英語学習が行われるようになるのです。文部科学省では小学生からの英語教育に力を入れており、それに伴い小学生からの英語塾や英語学習への参加も活発になりそうです。

小学生に英語教育は必要?

小学生に英語教育は必要なのかと、これまでもいろいろな場所で議論されることがありました。幼少時には、母国語をしっかり学ぶことが重要であることに変わりはありません。しかし、中学校から急に英語の読み書きを始めた場合、覚えることの多さにとまどう生徒も多く、なんとなく英語に対して苦手意識を持ってしまうこともあります。実際、文部科学省の小学校外国語活動実施状況調査(H24)によると、中学生の8割が「小学校の英語の授業で英単語を「読む」「書く」機会が欲しかった」と回答しています。また、小学校の教育現場においても、小学校高学年からの読み書きの学習の導入をすることで児童の学習意欲が向上したという報告もあるのです。このように教育の現場では英語教育の早期化がどんどん進んでおり、今後は実用的なスキルを身に着けるためにも、小学校からの英語教育は重要になっていきます。ただし、子どもが興味を持てない場合、無理やり英語塾などで学ばせようとしても長続きしない可能性もあります。まずは子どもの意志を尊重することが重要です。

家族で一緒に英語を楽しもう

英語教育の早期化を受けて保護者ができることは、英語に対して苦手意識を持たせないことです。ただし、まだ言葉も話さないような幼いうちから英語を詰め込むような教育方法には疑問もあります。英語は楽しい、英語を話せるようになりたいと子ども自身が望むような環境を作ることが大切になります。最初は英語の勉強が楽しくても、難しくなるにつれて辛くなることがあるかもしれません。そんなときは、親も一緒になって勉強することで、子どものモチベーションアップにつなげましょう。家族で一緒に英語を楽しもうという意識が大切です。

日常的に英語に触れられる環境を作る

英語は言語なので、できるだけコンスタントに触れる機会が多いほうが覚えやすく、定着しやすいといわれています。そのため、普段からできるだけ英語に触れる機会を持つようにしましょう。日本では、残念ながら通常の生活を送っていて英語で会話する機会はあまりありません。しかし、工夫次第で英語に触れる機会を作ることは、そう難しいことでもないのです。例えば、すぐにでも実践できるものとして、英語のアニメをみる習慣をつける、英語の映画やテレビは吹き替えでなく字幕でみるようにすることなどがあります。ほかにも、世界的に人気のある英語の歌を歌ったり踊ったりすることも、英語に親しむ良い機会となります。ドライブのときは洋楽をかけてみたり、家族でカラオケにいって一緒に歌ってみたりもいいでしょう。言語を定着させるためには、インプットよりもアウトプットが大切です。ただ耳にするだけ、書いて覚えるだけではなかなか使いこなせるまでにはなりません。実際に英語を話す機会が多ければ多いほど英語に対する理解も深まります。家庭内で簡単な英会話ができる環境を作れるようになれば、英語に対する苦手意識を持つことなく中学校からの英語学習につなげることができます。ハードルをあまり上げずに、遊びの中に上手に取り入れてみましょう。

楽しく学んで実用的な英語を身に着けよう

今後ますますグローバル化が進んでいく中で、英語を身に着けることは大きな武器になります。そのためには、英語に対して苦手意識が芽生える前の、小学生からの早期教育が欠かせません。子どもの将来の可能性を広げるためにも、英語に対する苦手意識を持たない環境づくりをはじめましょう。学校教育だけでなく、日常の生活環境の中に英語を話す機会を取り入れることで英語力は上がります。勉強としておしつけるのではなく、何気ない日常会話や趣味の中に無理なく英語を取り組むことで、親子が一緒になって楽しめるようになります。子どもが英語好きになるためには、子どもが楽しみながら英語を学べる環境を作ってあげることが大切です。

  • knowhow181022-2

“1段落:【RareJob English Lab】小学校英語教育の早期化がもたらす影響とは?3年生から必修化、5年生から教科化する2020年に向けてhttps://www.rarejob.com/englishlab/column/20160211/
1段落:【文部科学省】小学校外国語活動・外国語研修ガイドブック(12/54)http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/__icsFiles/afieldfile/2017/07/07/1387503_1.pdf
2段落:【文部科学省】今後の英語教育の改善・充実対策について報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/102/houkoku/attach/1352464.htm
4段落:【講談社】94%がバイリンガルに!オランダ小学校の英語教育はここがスゴイhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/54564”

群馬県内21教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内21の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 映像授業実施教室

  • 幼児教育実施教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

伊勢崎市

みやまえ教室
あずま教室
連取教室
赤堀教室
伊勢崎北教室
ひろせ教室

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

玉村町

玉村教室
玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。


TOP

TOP