幼児教育には効果があるの?どんなところに気をつければいい

幼児教育とは、小学校就学前の子どもに対する教育のことをいいます。幼児期だけでなく、大人になっても残り続ける効果があるのが幼児教育の特徴です。しかし、やみくもに教育をほどこそうとしても逆効果になってしまう可能性があります。ここでは、子どもの能力を存分に伸ばすために、「幼児教育ではどのような教育を受けるべきなのか」についてポイントを紹介します。


幼児教育に期待される効果とは

幼児教育とは、小学校就学前の幼児に対してほどこされる教育のことです。「幼児教育」と聞くと習い事などをイメージしてしまいがちですが、文部科学省によると幼児教育には幼稚園や保育所等での教育、家庭での教育、地域社会における教育などが幅広く含まれています。
小学校以上の子どもへの教育と異なるのは、知識の獲得がそれほど重視されないことです。もちろん、それぞれの子どもの発達度合いや個性に応じて、知識を与えることも大切です。しかし、生涯にわたって知識を吸収する力をつけるためには、まず「地頭の良さ」を鍛えることが優先されます。
「地頭の良さ」につながるのは、学習意欲につながる好奇心や探究心です。幼児教育では目先の知識獲得を目指すのではありません。さまざまな活動を通して好奇心や探究心をはぐくむことで、小学校以降の学習において与えられた知識を素早く吸収し、積極的に問題に取り組む能力が身についていきます。特に幼児教育では「遊び」など全身を使った活動も多いです。全身を使い、子どもが夢中になって活動することで、将来にわたって役立つ集中力も培えるでしょう。


幼児教育を効果的にするにはいつからはじめるべきか

幼児教育の対象は一般的に0~6歳程度ですが、何歳からはじめるのが良いかなどは特に決まっていません。親が幼児教育をほどこそうと焦り、子どもが興味を持っていないにも関わらず良かれと思って慣れない環境に入れてしまうと、かえって子どものストレスとなってしまう可能性があります。幼児教育で何よりも大切なのは、子どもの発達段階に応じた場を用意することや、子どもの自主性を尊重することです。日々、子どもと接する中で興味の対象を見極めたり、塾や教室の見学、体験入学などを通して子どもがやりたいことを探したりすると良いでしょう。
ただし、習い事や塾、教室に通うと経済的な負担が生じます。ベネッセ教育総合研究所の調査によると、3~6歳までの幼児のうち幼稚園・保育園等以外で最も多い幼児教育は家庭学習、続いてスポーツ活動、芸術活動、教室や塾などでの活動という順番でした。また、幼稚園や保育園を除いた教育費用は3歳児で月平均4000円台、6歳児で月平均1万円台でした。習い事などにかける費用は年齢が上がるにつれ高くなり、かつ、はじめる時期が早ければ早いほど累計費用がかさみます。どのくらいお金をかけるのかを考慮しながら、はじめる時期を検討していきましょう。


大切な幼児教育!通信と教室どちらがいいか

日々の家庭教育にくわえ、幼児教育を通して特定の分野を深めたければ、大きく分けて通信教育と教室という手段があります。通信教育は基本的に自宅で行い、教室は外に通いに行くものです。どちらも効果が期待できますが、それぞれにメリットが異なるため、あらかじめよく検討してからチャレンジするとよいでしょう。
教室に通うメリットとしては、まずプロの講師から学べる点が挙げられます。知育教室や運動教室、芸術系の教室などさまざまな教室がありますが、各分野の専門知識を持つと同時に幼児教育のスキルも積んだ講師に預けられるため、着実な成果が見込めるでしょう。また、教室に子どもを預けている間、親の自由時間が得られる点も魅力です。家事を片付けてしまったり、息抜きに使ったりと自分の時間を確保できます。さらには、教室で出会う同じ年代の子どもたちとの交流ができることもメリットです。幼児教育では、同年代とのコミュニケーションも重要視されています。自然なコミュニケーションの中から、言語能力や思考能力、人との接し方などを育てていきましょう。
通信教育のメリットとしては、コストが挙げられます。教室よりも安価なことが多く、知育を中心にさまざまなアイテムを使った教育が可能です。幼児教育に興味があるけどコスト面が不安という場合、チャレンジしてみるとよいでしょう。無料体験できる教材もあるため、子どもへの向き不向きも判断できます。また、教室と異なり家庭で行うため、子どものペースで学習を進められます。子どもの学習ペースには個人差があり、場合によっては周囲の子と合わず不安になることもあるでしょう。そんなときは通信教育を活かして、マイペースに能力を伸ばしていくことがおすすめです。
どちらを選ぶにせよ、子どもにとっては親が最も信頼できる存在です。そのため、幼児教育には何よりも親の協力が必須といえます。


幼児教育は大きくなっても活きるの?

幼児教育は小学校以上の教育と異なり、正しい知識を獲得することよりも、好奇心や探究心を伸ばすことが第一の目的です。幼児教育を通してこれらの力を育て、自分で物事を考える力や集中力を高めていくことで、その後どんな年代になっても活きる大切な能力が身についていきます。しかし、子どもが興味を持たないものや、発達段階に合わないものを無理にさせては逆効果です。子どもの自立性を尊重しながら、親がサポートできるところは支えながら取り組んでいくとよいでしょう。

<参考URL>

1段落:【文部科学省】幼児教育の意義及び役割
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1395402.htm
2段落:【ベネッセ教育総合研究所】学校外教育活動に関する調査
https://berd.benesse.jp/berd/center/open/report/kyoikuhi/webreport/report05_01.html

いつでも体験できます!無料体験講座はこちらから