数学の勉強法が分からない!苦手を克服するにはどうすればいいの?

人によって苦手教科はさまざまですが、数学に苦手意識を抱く人は多いでしょう。しかし、数学の苦手意識は、勉強方法の工夫によって克服できる可能性があります。自分が数学の何につまずいているかによってとるべき対策は異なります。苦手の段階別に、適切な勉強法を紹介します。苦手教科を克服して、ライバルに差をつけていきましょう。


なぜ数学が苦手なのかを理解しよう!

数学が苦手な場合、「数学」という言葉を聞いただけで嫌になるという人も少なくないでしょう。しかし、数学にも苦手を克服する方法があります。まず大切なのは、自分が数学のどこを苦手だと感じているかを明らかにすることです。
数学の「苦手」には、いくつかの段階があります。「そもそも理解ができないパターン」「公式は覚えているが問題が解けないから嫌になるパターン」「基礎問題は解けるが応用問題が解けないパターン」です。自分がどのパターンか知るためには、まず問題を解いてみるとよいでしょう。分からなくても時間をかけて考え、自分ができるところまで解答します。そして、解説を読み、分からない部分に印をつけましょう。解説の意味がまったく分からなければ「そもそも理解ができないパターン」でしょう。また、解説に見知った公式があるものの使いこなせなかった場合は「公式は覚えているが問題が解けないパターン」です。理屈は分かるのに難易度が上がると間違えてしまう場合は「基礎問題は解けるが応用問題が解けないパターン」になります。自分の傾向をつかんだうえで適切な対策をしていきましょう。


数学が全く分からない人はどんな勉強をすればいいの?

数学がまったく理解できないパターンの人は、予習復習を重視した勉強法にしてみましょう。授業時間を有効に使うために、前日には必ず予習をして授業内容を理解できる準備をしておきます。教科書を読み分からない部分があれば印をつけておきましょう。授業中の解説でも理解できなければ先生に質問し、分かるまでしっかり取り組むことが大切です。また、学校で使う教科書や参考書に載っている問題も、授業中に皆で一斉に解く場合、時間が限られているため十分に理解できないまま次の問題に移ってしまうことがあります。そのため、予習時に一度解いてみて、つまずいた部分を把握したうえで授業中に再チャレンジしてみましょう。
分からない部分は先生だけでなく、数学が得意な友達に聞いてみるのもおすすめです。お互いに得意な科目を教え合うことで、勉強へのモチベーションがアップするでしょう。数学へのモチベーションを上げるためには、数学を学ぶ意義を理解することも大切です。数学に対して「将来役にたたない」と思い込んでいると、なかなかやる気も生まれません。数学を学ぶことの意義のひとつは、論理的思考を育てることです。問題を読解し、ロジックを組み合わせて解答するという作業によって、大人になってからも役立つ論理的思考を培うことができます。また、数学は社会のさまざまな場面で活躍しています。たとえば、普段から使っているスマートフォンや、親しんでいるゲームやアニメなどにも数学が応用されています。数学の基礎を身につけておくと、将来多様な分野で役立つのです。


問題が解けない人は解法パターンも合わせて覚えよう!

授業で先生が言っていることは理解できて、公式もしっかり覚えているのに問題が解けない場合もあるでしょう。その場合は、公式そのものだけでなく、その公式がどのような問題でどのように使われるかというパターンを把握することがポイントです。
とくに有効となる勉強法が、1冊の問題集を反復して解くという方法になります。数学では一見するとばらばらした印象の問題でも、実は数字や言い回しが異なるだけで基本的なパターンは共通しているものも多い傾向です。そのため、問題のパターンを見抜き適した公式をセットで思い出せるようにする訓練が必要となります。そこで、1冊の問題集をひたすら反復し、問題と解き方のセットを頭に入れることが学力アップのコツです。分かりやすいように、問題と解き方のセットをノートに自分でまとめて一覧を作るのも便利でしょう。コツがつかめてきたら他の問題集にも取り組み、初見の問題もスラスラと解けるようになる練習をしましょう。


応用問題が解けない!どんな勉強法があるの?

基礎問題は解けるのに応用問題につまずいてしまう場合は、むやみに応用問題を解くのではなく、自分の学力に合った問題でしっかり土台を固めたうえで徐々に応用問題に手を伸ばしていくことがポイントです。応用問題に取り組むときは、自分の志望校や目指す点数よりも大幅に上回る難易度の問題集を選ぶと、なかなか解けずに苦手意識を抱いてしまうことがあります。問題集は難しければ難しいほどよいというわけではないため、志望校や目指す点数のレベルに合った問題集に取り組みましょう。
応用問題の問題集でも、相棒を1冊決めて反復して解くことが大切です。間違った問題は解説を必ず読み、分からない部分があれば基礎に立ち戻るようにしましょう。まずは、正しく解答することを目指し、正答率が上がってきたら試験のように時間制限を設けてみるのもおすすめです。


レベル毎にあった勉強法を実践しよう!

数学の苦手意識は決して克服できないものではありません。「まったく理解できない」「公式は覚えているが問題が解けない」「基礎問題は解けるが応用問題ができない」など、数学の苦手にはいくつかの段階があります。まずは、自分がどの段階にいるかを把握したうえで、適切な対策を進めていきましょう。まったく理解できない人は日々の予習復習を重視し、応用問題を攻略している人は志望校や目標点数に応じた問題集を選ぶなど、段階によってとるべき対策は異なります。また、ここで紹介した勉強法はあくまで目安です。勉強法との相性には個人差もあるため、これらの勉強法を参考にしながら自分に合った方法を探していきましょう。

<参考URL>

参考元URLなし

いつでも体験できます!無料体験講座はこちらから