menu

知育は子供の能力を引き出す!知育のやり方や注意点を解説

知育とは、子供の能力や個性を引き出す教育のことで、従来の詰込み型の勉強とは大きく異なります。知育ではゲームなどの遊びを取り入れながら、子供自身が自発的に学んでいく姿勢を身に付けることで本来の能力を発揮したり、豊かな心を育んだりしていくのが主な目的です。この記事では、知育玩具やゲームなどを用いた人気が高い知育の方法や、知育の適切なやり方、注意点などについて解説していきます。

1.知育とは

知育は、単なる知識の詰込みや先取りのような勉強のやり方とは大きく異なります。知育とは、イギリスの哲学者であるハーバート・スペンサーが提唱している「三育」のひとつとして広く親しまれています。三育とは、知育・徳育・体育の3点です。この3つがバランスよく育っていくことで子供の感性や能力が育まれ、生活の助けとなり、人生が豊かになるのです。

 

まず、徳育は情操豊かで、常に道徳心がある行動ができるような人間性を養うための教育のことをいいます。次に、体育で適切な運動に取り組むことで、身体の健全な発達を促して、運動能力はもちろんのこと、健康的な生活が送れるようにします。さらに、知育は知的活動に欠かせない推理力・記憶力・判断力を磨くための教育です。そのため、単なる暗記や詰込み型の学習とは異なります。知育の場合は子供が自主的に、楽しんで学ぶことが大切です。知育は0歳からでも始めることができ、人格や脳が急速に成長していくときに実践するのが理想的です。

2.知育は何歳から何歳まで?

知育教育を行うのは、0~6歳くらいまでが適していると言われています。子供の能力を引き出したい場合、知育には早い段階から取り組むのが良いとされているため、なかには0歳から始められるものもあります。小さな子供は吸収力が高いので、この時期にいろいろな経験をしたり、様々な刺激を与えたりすることは、人格の形成にも大きく関係してきます。そのため、0歳の子供に知育を行う場合でも、子供が楽しんで取り組めるように、親が協力して行うことが大切です。

 

また、知育を行うのであれば、子供の成長の程度に合わせて、年齢ごとに適した知育玩具や遊びを取り入れていくことも欠かせません。当然、子供によって好みは異なります。もし知育で使うアイテム選びなどで悩んだ時には、子供の個性や好みに合わせた取り組みができるようなやり方を考えていきましょう。

  • 1_1_2_34849798

3.知育に使うアイテムは?

知育で使うことができるサービスやアイテムには様々なものがあります。例えば、カラフルな積み木やパズルなどは一般的な知育玩具です。ほかにも、知育ゲーム・知育アプリなどのように、スマートフォンやタブレットを使用するものもあります。加えて、知育教材や知育教室なども挙げられます。ここからは、知育に使うアイテムにはどのようなものがあるのかについて、種類ごとに見ていきましょう。

3-1.知育玩具

優れた知育玩具は五感に刺激を与えるだけでなく、表現力や思考力を育むのにも役立ちます。知育玩具と呼ばれるものには様々な種類があります。例えば、音の出るガラガラや打楽器などの玩具は、子供が喜ぶおもちゃの1つです。その他には、数字や文字で遊べるパズル等、頭を使いながら遊べるタイプの玩具があります。また、ブロックや積み木などの玩具は昔から親しまれているもので、現在でも知育玩具としてたくさんの人に好まれています。知育玩具は小さい子供が口に入れたり、舐めてしまったりすることもあるので、安全な素材で作られており、清潔に保つことができるよう配慮されているものを選ぶことがポイントです。

3-2.ゲーム・アプリ

モバイル端末などで利用できる知育アプリやゲームにも、子供の能力を引き出してくれる可能性があります。これらはスマートフォンやタブレットにインストールすることで、いろいろなゲームなどが手軽に利用できるので多くの人に人気です。端末さえ用意すれば、操作に合わせて動画や音声が変化していき、乳幼児から幼児まで幅広い遊びを行うことができるので、子供自身が楽しみ、興味を持ちやすいというメリットがあります。加えて、同じ端末で最新のソフトが使用できたり、無料のアプリも豊富に取りそろえられたりしている点も特徴の1つです。

3-3.知育教材

知育教材は単なる遊びに留まらず、考える力を身に付けさせてくれるものです。知育教材を活用すると、子供の集中力や想像力、表現力を伸ばすことができます。知育教材のなかには、カラフルなものや図を用いて楽しく学べるものがあり、子供自身が楽しんで取り組めるように工夫されている教材が多いという点が特徴です。

 

また、手作りのものや、親と一緒に学べるものは子供がより楽しみながら取り組めるのでおすすめです。知育教材の場合は一般的な勉強ドリルなどのイメージとは異なり、子供自身が楽しみながら学びを深めていけるというメリットがあります。

3-4.知育教室

知育に関心があるなら、知育教室の利用も検討してみましょう。知育教室は全国にあり、子供の年齢や目的などに合わせてコースを選べるのが一般的です。各コースでは多種多様な知育玩具やアイテムが用意されており、楽しく遊びながら学べます。知育教室では専門家による指導を受けることができるだけでなく、設備も充実しているため、知育専門の環境で子供の能力を伸ばしていきたい人にとっては適しています。

4.年齢別の知育を行うコツ

知育を行う場合、子供の年齢を考慮したうえで適切なアイテムを選ぶことが必要です。子供の成長を急ぐあまり、成長度合いに合わないもので遊んだり学んだりしても、楽しく取り組むことは難しいからです。また、内容が難しすぎたり、簡単すぎたりすると、知育の本来の効果が発揮されず、薄まってしまいます。ここからは、年齢ごとにおすすめの知育について見ていきましょう。

4-1.「0~1歳」

0~1歳くらいまでの子供には、視覚や聴覚、触覚を刺激するような知育玩具が好まれます。そのため、0~1歳の子供の玩具を選ぶときには、カラフルでシンプルな形のものを選ぶようにする必要があります。ほかにも、絵本の読み聞かせや、音が出るおもちゃで一緒に遊ぶ、家族など周りの人が話しかけてあげるなどのことも効果的です。ただし、0~1歳の子供が使うアイテムを選ぶ場合は、口に入れてしまっても安全なものや、飲み込んでしまわない大きさのもの、尖っていないものなど、安全性にも十分気を付ける必要があります。

4-2.「2~3歳」

2~3歳くらいになると、手足を自由に動かせるようになってきます。そのため、子供も手足や指先を使った遊びを好む傾向があります。例えば、お絵かきや折り紙、粘土、パズルなどの遊びは、子供が自分から興味を持って遊ぶようになります。ただし、2~3歳の子供の場合も、硬いものや突起があるものを与えるのは危険です。また、2~3歳程度でもアイテムを口に入れてしまうことがあるので、口に入らない大きさのものや、入れてしまっても安全なものを選んでおくと良いでしょう。

4-3.「4~6歳」

子供が4~6歳くらいになると、遊びの幅もどんどん広がっていきます。例えば、数字やひらがなが書いてある知育玩具のなかには、考えながら取り組めるものがたくさんあります。ほかに、絵合わせやブロックなどの玩具は、集中力や記憶力などを養ってくれるものです。加えて、4~6歳になるとひらがなが読めるようになってくるので、絵本を自分で読むのが楽しいと感じる子供も増えてくるでしょう。

  • 1_1_3_37839026

5.知育の行う際の注意点

知育教育を行う際には、子供が楽しんで、自ら興味を持って取り組めるものであることが重要です。ここでは、知育を行う場合の注意点を4つ紹介します。

5-1.子どもに楽しく取り組ませる

知育教育は、学力の向上を目的とした詰込み型の勉強とは異なります。知育では、子供自身が楽しんで取り組むことによって能力を引き出していき、子供の人生や生活を豊かにしていくことを最大の目的としています。そのため、興味が持てないものに無理やり取り組ませ、強制してしまうと、子供のやる気を削いでしまう恐れがあります。知育教育で子供の能力を伸ばしたいなら、まずは子供が楽しく取り組めるものであることが大切です。

5-2.親も一緒になって取り組む

大人のなかには、「効果のある知育アイテムを与えておけば、子供は賢く育つ」と考えている人もいます。しかし、知育アイテムを子供に与えているだけでは意味がありません。知育を行ううえでは、親が子供と向き合ってコミュニケーションをとりながら、一緒に取り組むことが大切なのです。親と子供が興味を持って楽しみながら取り組むと、子供は安心して遊び、学ぶことができるようになります。

5-3.他の子供と比較しない

自分の子供の成長に対して不安などがあると、ついついほかの子供と比較してしまうものです。しかし、子供の前で悪口を言ったり、ほかの子供のことを過剰に褒めたりするのは控えるべきです。小さい頃から比較されて育つと、自信や自己肯定感が喪失してしまう恐れがあります。知育教育が上手くいかなかったとしても、子供の人格を否定するようなことはせずに、できるだけ自分のペースで楽しみながら取り組めるように周りの大人が配慮することが大切です。

5-4.成長を急かさない

小さな子供には、無限の可能性があると大人は期待してしまいがちです。しかし、子供によって得意なことや苦手なものが違うのは当然のことです。そのため、子供ができないことや嫌がっていることを無理にやらせると、能力や個性を伸ばすのが難しくなってしまいます。また、子供のなかには、上手にできなくても、興味を持って最後まで自分の力で取り組みたいと考える子供もいます。このようなタイプの子供の場合、上手にできないからといって、すぐに親が手伝ってしまっては逆効果です。知育教育では、子供が楽しく取り組めることが重要です。親はこの理念を理解したうえで必要な手伝いをしたり、見守ったりすることが求められます。

知育は子供の個性を伸ばすもの

子供によって好き嫌いや得意不得意は異なるのが当たり前です。知育教育は子供の個性に合わせたものを取り入れ、親子で楽しく取り組むことを通して、子供の人生や生活を豊かにしていくことが大きな目的です。子供の成長を見守る親は、子供が楽しみながら自発的に知育に取り組んでいけるように、必要なサポートをしっかりと行いましょう。

群馬県内20教室ベスト個別指導学習会
教室一覧

群馬県内20の教室で、毎年2000名のお子様の成績アップ、受験合格者を実現しています。個別指導は5教科すべてに対応!

  • 個別指導実施教室

  • 英検会場教室

  • そろばん実施教室

  • 漢検会場教室

  • 映像授業実施教室

  • 幼児教育実施教室

無料体験・個別説明会お申し込み

随時受付中!
TEL.0120-97-8159

伊勢崎市

みやまえ教室
あずま教室
連取教室
赤堀教室
伊勢崎北教室
ひろせ教室

みどり市

笠懸教室
笠懸南教室
大間々教室

太田市

藪塚教室
太田北教室

桐生市

桜木教室
新里教室
相生教室

高崎市

高崎東口教室
高崎飯塚教室

玉村町

玉村教室
玉村南教室
  • ベストだと成績が上がるのはなぜ?
  • どんなコースがあるの?
  • 普通の塾とどう違うの?
  • 受験対策はいつから始めたらいい?
  • まずはお気軽にご相談ください!
  • お問い合わせはこちら
  • 体験のお申し込み・ご予約もできます。
採用お問い合わせ

TOP

TOP